初心者向け|初めての飛行機旅行どうすれば?【②空港に到着篇】

全3回でご紹介している「初めての飛行機旅行どうすれば?」、今回は【②空港に到着篇】です。
チェックインや保安検査など、飛行機に搭乗する前にも空港でやらなくてはいけないことがあります。ですが大丈夫、こちらの記事を読んで心の準備をしっかりしておきましょう。

 

国内線は1時間、国際線は2時間前には到着を

電車やバスなどとは異なり、飛行機を乗る前には「チェックイン」「保安検査」「出国審査」といった手続きが必要になります。そのため、出発時刻の国内線は1時間前、国際線は2時間前には空港に到着しておくことをおすすめします。仮に早く着き過ぎてしまっても、ほとんどの空港には土産店や飲食店などがあるので時間を潰すのに困ることは考えなくても良いでしょう。忘れ物を調達したり、空港グルメを楽しんだりすることを目的に、あえて早くいくのも良いですよ。

空港に無事到着したら、まずは「出発ロビー」に向かいましょう。出発ロビーには、航空会社別でチェックインカウンターが並んでいます。掲示板(フライトインフォメーションボード)を確認し、利用する便名・目的地から該当のカウンターを見つけてください。

 

チェックインの方法は大きく3つ

チェックインの方法は下記の3つの方法があります。初めての飛行機で不安という方は、③の方法がもっとも安心でしょう。

①webチェックイン

航空会社のWEBページから事前にチェックインする方法です。空港で並ぶ必要がなく、座席の指定もできるので大変便利なサービスです。飛行機旅行になれたら、ぜひ利用してみてください。

②無人の自動チェックイン機

出発ロビーのチェックインカウンター付近には、自動チェックイン機が設置されています。パスポートの読み取りや必要事項を入力することで、チェックインができ、紙の搭乗券が発行されます。チェックイン機は複数設置されていることも多く、有人カウンターに比べて並ぶ時間が短くて良いといったメリットがあります。

③有人のチェックインカウンター

こちらはその通り、有人のカウンターで手続きをすることです。航空会社のスタッフの方の指示に従って進めれば良いので、時間に余裕があるならば利用するのも良いでしょう。次項でも触れる「預け荷物」がある場合も、同時に済ませることができるのもメリットです。

 

「預け荷物」を預けよう

初心者向け|初めての飛行機旅行どうすれば?【①出発前篇】>にも書きましたが、機内には持ち込めるものやサイズが規則で決められています。「預け荷物」がある場合は、チェックインカウンターで荷物を渡しましょう。

ここでちょっと注意したいのが、アメリカとそれ以外ではスーツケースの鍵の扱いが違うことです。同時多発テロをきっかけとした保安強化の一環で、アメリカへの出入国の場合は預け荷物に鍵をしないように求められます。その中で許されているのが「TSA(アメリカ合衆国運輸保安庁)」が認可した、TSAロックのみとなっています。ですので、スーツケースを選ぶ際は、TSAロック付きかも確認してみてください。また、最近では非対面の自動手荷物預け機がある空港もあります。WEBチェックインや自動チェックイン機を利用した場合は、こちらを使えば時間をより効率的に進めることができるでしょう。

 

「機内持ち込み」を持って保安検査場へ

機内に持ち込む荷物決めたら、「保安検査場」へ。国内線では多くの航空会社で、検査場通過の締め切り時刻を出発20分前に設定されています。ここでも時間の余裕を持って向かうようにしましょう。

保安検査場では乗客の手荷物や身につけているものに、危険物がないかを確認します。手荷物や身につけている貴金属は、トレーに移しX線検査へ。人間は金属探知機やボディスキャナーのゲートを通ります。もし手荷物のカバンの中にパソコンなどの電子機器が入っている場合は、それらもトレーに出すことを求められます。やることが多いので旅行に慣れている方でも、ドタバタしてしまうことが多いのが保安検査場です。初めての方は焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて係員の指示にしたがって進めば大丈夫です。コツとしては、

・金属製のものを身に付けず、脱ぎやすい上着や靴で行く。
・最初から細かい荷物はポケットなどで持って行かない。
・電子機器や液体などはカバンから出しやすい状態にしておく

などが一般的によく言われています。
また、航空法の改正などにより保安検査に関する規定も変わることがあるので、『政府広報オンライン』などもあわせてご参考ください。
(『政府広報オンライン「空港保安検査をスムーズに通過するためのコツは?」』https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201910/1.html

 

国際線の場合は出国審査がある

国際線の場合は、保安検査の後に出国審査があります。パスポートと搭乗券を用意しておきましょう。パスポートの写真と顔が照合されるので、帽子をかぶっている場合はあらかじめ脱いでおくと良いでしょう。基本的には、係員と1対1での審査になりますが、小さいお子さん連れの方などは伴って審査を受けることがあります。

こちらに関しても近年では機械による自動化進んでおり、「自動化ゲート」や「顔認証ゲート」などが導入されている空港もあります。
 

さあ、搭乗ゲートへ

お疲れ様でした。ここまで来たらあとは搭乗ゲートに向かい、飛行機に乗るだけです。余裕を持って行動されていた方は、ちょっとした待ち時間が発生するかもしれませんが、搭乗ロビーにも飲食店やコンセント付きのソファベンチなどがあるので、ゆっくり出発時間を待ちましょう。

 

最後に

世界各国の空港の数を合わせると、その数なんと3,500ヶ所以上。空港によって異なる特色があるので、空港内を探検するのも楽しいですよ。
さて、いよいよ次は【③機内での過ごし方篇】です。

一覧に戻る